アイシャドウの色を綺麗に出すコツその1|読むメイクレッスン

16d7fbec-42eb-44c8-a0a6-4843c9bf94c9

アイメイク アイシャドウの色を綺麗に出すコツ

皆さんの中にも、

綺麗だな~と思って買ったアイシャドウ、
実際使ったら、ぜんぜん 違った・・・

という経験無いでしょうか?

o0350022310658218279
例えば、ルナソルのこんなアイシャドウパレット

綺麗ですよね!

でも、実際使ったら

マブタの色、なんかよどんでる・・・くすんでる・・・見た色と全然違う・・・

って思った方は、これからの内容をよく読んでください。

o0146005710658214138
まず、こんな感じの色を使ったとしますよね?
そして、左の綺麗なターコイスをアイホールに、右のブラウンを目のキワにいれようと思いました。
o0186007010658213302
イメージの中ではこんな感じです。

この図には「ラメ感」がつけられないのでただの色になってしまいますが、
そのあたりは想像してください。

o0150006310658213300
実際はグラデーションが入るので、こんな感じでしょうか?

o0150005610658214137
が、しかし、実際は、メイクがまだ上手でない人は、粉が混じってしまいます。
アイホールと目のキワに入れるアイシャドウの粉が混ると こんな色 になります。
絵の具と同じで、色を混ぜると当然ながら、どんどん色はくすんでいきます。

そして、私達、日本人は、肌がオークル系です、つまり多かれ少なかれ、ベージュです。

一般的にはこんな色↓

o0186018810658213301
絵の具や油絵で塗るほど色は出ないので(そこまで塗らないですよね?)
実際はご自分の肌の色が透けて見えます。

そうすると、さらにこんな感じになります。

o0176007710658214135
元々見たアイシャドウの色は、こんなに綺麗だったのに・・・

自分でつけたら、なんか違う・・・

は、こんな原因の方が非常に多いです。

【こんな原因】をまとめると、

・2色、又は3色のアイシャドウの粉が、マブタの上で混ざり合ってしまう。
・発色がよくないので、元々の肌の色が透けて見える為、さらに色が濁る

です。

こういった方は、

「アイメイクしても、なんか映えないんですよね・・・」

とか

「アイメイクすると、なんか老けちゃうんですけど・・・」

とか

「メイクしても、全然綺麗に(元気に)見えなくて・・・」

なんて、悩んでいることが多いです。

確かに、目の上がこんな色になってたら、

o0176007710658214135
綺麗にも、元気にも見えないですね。

では、綺麗は発色を出すためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、次回に説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

講座スケジュール 空き状況

お問合せ

グループレッスン ご予約はこちら

プライベートレッスン ご予約はこちら

あなたにピッタリのコースは?

私にぴったりのコースは?コースご案内&選択基準

様々なサービスメニューからあなたにぴったりのコースをお選び下さい。

プロ養成コース

オーラビューティ― ブログ~綺麗になるヒント~

変身事例
ページ上部へ戻る