アイブロウペンシル|読むメイクレッスン

41TVufoMpqL__SX342_

アイブロウ~アイブロウペンシル

アイブロウとして多くの方が使っている物にアイブロウペンシルがあります。
皆さんもペンシルタイプをお使いでしょうか?
ご自分のアイブロウペンシルの先をチェックしてみましょう。
購入した時のように、とがっていますか?

よくお化粧直しをしている方のペンシルを見ると、もう先がほとんど無いくらいに丸まっている(すごく太くなっている)物を見かけます。
先の太くなったペンシルでは綺麗な眉毛はかけませんよ?
特に眉尻側の細い綺麗なラインがかけず、ボテッとした太い眉毛になってしまいます。
005

丸まる前に、小まめにシャープナーでキチンと削りましょうね♪

ペンシルを選ぶ時のポイントは、あまり芯の固くない物を選びましょう。

一昔前は濃い眉や、細めシャープな眉がはやりましたが、現在の流行 眉は、薄め&太目&短めが主流です。この「薄め」眉を書く為には、あんまり固い物ですと、どうしても書く時に力が入りますし、 タッチが強くなって濃いしっかり眉になってしまいがちです。

一番良いのは、柔らかいのに細い芯の物です。

ただ、筆圧が強い人は柔らかいものを使うと濃くなってしまうので
ご自分の筆圧の強さにあったものにしましょう。

 

もうひとつ、大事なこと。
『眉毛の部分にもきとんとファンデーションを載せていますか?』
手の甲の部分にペンシルで書こうと思ってもなかなか色が出ませんよね?
さらに、うっすら乳液をぬった状態を想像してください。
すべって絶対色がつきませんよね?
眉尻は比較的油の出やすい部分
(だから時間がたつと、せっかく書いた眉尻が消えちゃったりするんです。)
ファンデーションを塗ってからでないと、眉毛は綺麗にかけません。
勿論クリームファンデーション、リキッドファンデーションの後はパウダーファンデーションで押さえてくださいね。
その後、眉毛の毛についたお粉は軽くブラシ等で取ってください。
必要なのは、眉毛の書く部分の肌の部分にファンデがのっていること、
これが必要なんです。

「あれ?かけない・・?」
と思って、力を入れて、ゴリゴリ書いたりしてませんか?なかなか色がつかないのは、
きっと肌の上の油分のせいですよ!アイブロウを書く前の下準備も大切です♪

mayuge

メイクの仕方、方法がわからない人はー>魔法のメイクレッスン
*メイクや髪型を変えて、劇的に綺麗に変わった方たちのビフォーアフターはこちら

pinkmenu

【美のプロになる3コース】
メイクプロ養成コースパーソナルカラーアナリストプロ養成コース骨格診断プロ養成コース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

講座スケジュール 空き状況

お問合せ

グループレッスン ご予約はこちら

プライベートレッスン ご予約はこちら

あなたにピッタリのコースは?

私にぴったりのコースは?コースご案内&選択基準

様々なサービスメニューからあなたにぴったりのコースをお選び下さい。

プロ養成コース

オーラビューティ― ブログ~綺麗になるヒント~

変身事例
ページ上部へ戻る