8分類12タイプ法パーソナルカラーシステムの詳細

color1

オーラビューティー♡では 最新のパーソナルカラーシステム を使っています。その《新しさ》って何?

パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その1

パーソナルカラー8分類:色の分け方を変えています。

現在主流となっている色を4つに分類した4シーズン法をさらに半分のではないです。
独自に分け方を変えてます。それは・・・分けざるを得ない事情があるからです。

 

 

《分け方を変えた事情は・・・》

A:似合う色が複数のシーズンにまたがってしまう

スプリング(春)とオータム(秋)にまたがるケース

type-b-sf

似合うタイプその1:濃いお色が両方(春/秋)とも似合う色で、薄いお色は苦手なタイプ
-->ディープタイプ

似合うタイプその2:薄いお色は両方(春/秋)とも似合う色で、濃いお色は苦手な色のタイプ
-->ライトタイプ

 

 

B:1つののシーズンの中に似合う色と似合わない色が混在する

サマー(夏)の中に似合う色と似合わない色が混在するケース

type-c-s
似合うタイプその1:サマー(夏)の中のクリアな色のみ似合う色で、濁ったなお色が苦手なタイプ
-->クリアタイプ ミックスタイプ

似合うタイプその2:サマー(夏)の中のスモーキーな色のみ似合う色で、クリアなお色が苦手なタイプ
-->モーブタイプ

 

それ以外にも本当にたくさんありました。

《複数にまたがったり》
《1つの中に似合う色と似合わない色があったり》

そんなわかりにくさを解消する為に、

物凄くわかりやすい分け方に変えました。

3

わかりやすの理由は!?


ブルーベースとイエローベースの色の分け方が左右対称!まったく同じ!

パーソナルカラー8分類

パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その2

パーソナルカラー12タイプ:12個の似合うタイプがあります。

8分類の色の中に似合う色のグループが2つです。

この似合う組み合わせパターンが、過去数千人の診断をした結果、12タイプであることがわかりました。

(分類法も組み合わせ理論もオリジナルですので、他社の8分類や12分類とは異なります。)

 

 

パーソナルカラーの12タイプ

パーソナルカラークリア濁りのないクリアな色が得意なタイプです。曖昧な濁った色は苦手。

・イエローベース:ベージュ茶色が苦手、紺や白が得意
・ブルーベース:グレーが苦手、紺、白、(黒)が得意

 

 

パーソナルカラーディープ濃くて深い色、強い色が得意なタイプです。ソフトな色やパステルトーンが苦手

・イエローベース:濃い色のコーデが得意、黒や濃紺も着こなせます。
・ブルーベース:深い紫、ワイン、濃紺が得意。ディープな秋カラーも着こなせます。

 

 

パーソナルカラー濁りクリアな色よりも濁りのある落ち着いた色が得意。パステルトーンは安っぽい感じになり、原色な浮きます。

・イエローベース/アースタイプ:アースカラーが得意、黒を合わせたコーデが似合います。
・ブルーベース/スモーキータイプ:真っ白や黒よりグレー、紫、ニュアンスカラーが得意

 

 

パーソナルカラーライト
明るいライトな色が得意。黒っぽいダークな色はお顔が濁ります。

・イエローベース:生成り、クリーム、白、ベージュが得意、黒やこげ茶は苦手
・ブルーベース:白、クリーム、ライトグレー、紺が得意、黒や濃紺が苦手

 

 

パーソナルカラーミックス
薄くてクリアなパステルトーンと、深く濁った濃い色が得意。原色は浮きますが、濁りの薄い色は地味になります。顔の近くにパステルを、コーデでダークな色を。

・イエローベース:クリーム、シャンパン、紺、キャメルが得意、ベージュ、黒は苦手
・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレー、紺が得意、黒は負ける

 

 

パーソナルカラーパステル
イエローベース、ブルーベースよりもトーンのパステルが優先するタイプ。明るい色&クリアな色が得意で、濁りも濃さも両方苦手。

・イエローベース:白、クリーム、シャンパンが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手
・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレーが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手

 

もっと詳しく知りたい方は、パーソナルカラーアナリストプロ養成コースはこちら

パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その3

診断の基準が進化してます。

2
従来の、肌の色、目の色、髪の色の診断方法は

《イエローベース》
・肌色:黄味肌
・瞳の色:ブラウン系
・髪の色:ブラウン系


《ブルーベース》
・肌色:ピンク肌
・瞳の色:黒っぽい
・髪の色:黒っぽい

 

でしたが、令和の現在では

・黄味肌でブルーベース
・色白ピンク肌のイエローベース
・赤味が強いけどブルーベース
・色黒ダーク肌でブルーベース
・髪と瞳に関してはバラバラで関連性を感じられません。

 

診断には新たに、

《肌の質感》

を取り入れることにより、従来診断が難しかったマチュア世代の大人肌の方

・赤味があるけどイエローベース
・黄味肌のブルーベース
・色白ピンク肌のイエローベース
・色黒ダーク肌のブルーベース
・アトピー系の肌の人
・トラブル肌の人
・くすみやシミが多い人

も正しい診断が行えるようになっています。

 

さらに、似合うはその人とドレープ(洋服の色)との対比でしかありませんので、
診断はドレープを使っての診断を基本としています。

パーソナルカラー診断のページはこちら


 yoyaku-private1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

講座スケジュール 空き状況

お問合せ

グループレッスン ご予約はこちら

プライベートレッスン ご予約はこちら

プロ養成コース

オーラビューティ― ブログ~綺麗になるヒント~

変身事例
ページ上部へ戻る