8分類/12タイプ法パーソナルカラー診断

color1

オーラビューティー♡では独自に開発したパーソナルカラー診断・8分類12タイプ法を使っています。似合う色を知って魅力を引き出したい方や、 従来の4シーズン法(春、夏、秋、冬)の診断でなんとなくしっくりこなかった方は、 ぜひ一度Aura Beauty☆のパーソナルカラー診断をお試し下さい。しっくりこなかった【なぞ】が解けますよ!

パーソナルカラー8分類12タイプ法

そもそもパーソナルカラー(似合う色)って何?

パーソナルカラー(似合う色)とは、「赤は似合うけど、黄色は苦手」とか「青は似合うけど緑はいまいち」」といった色の種類を指すのではなく、色相(色味)、明度(色の明るさ)、彩度(色の鮮やかさ)の観点から、似合う色の傾向(トーン)を知るということです。
現在では、黄味のイエローベースと青味のブルーベースに色を分け、さらに明度、彩度で4シーズンに(春、夏、秋、冬)に分類して、パーソナルカラーを診断する4シーズン法が知られています。

color06

 

パーソナルカラー8分類:色の分類の方法自体を変えています。

現在主流となっている色を4つに分類した4シーズン法では、
・似合う色複が数のシーズンにまたがってしまう
・1つののシーズンの中に似合う色もあれば似合わない色も混在する

といったケースが多く見受けられました。

例をあげますと、

A:スプリング(春)とオータム(秋)にまたがるケース

type-b-sf

①濃いお色が両方と似合う色で、薄いお色は苦手な色のタイプ
②薄いお色は両方と似合う色で、濃いお色は苦手な色のタイプ
があります。

B:サマー(夏)の中に似合う色を似合わない色が混在するケース

type-c-s

①サマー(夏)の中のクリアな色のみ似合う色で、濁ったなお色が苦手なタイプ
②サマー(夏)の中のスモーキーな色のみ似合う色で、クリアなお色が苦手なタイプ
があります。
①のクリアが似合う方は冬(ウィンター)の中のクリアな色は似合う場合が多く
②の濁った色が似合う方は冬(ウィンター)の濁った色は似合う場合が多いです。

 

Aura Beauty☆では上記の「似合う色がまたがる」「似合う色/似合わない色が混在する」を回避する為に、そもそもの色の分け方を変更いたしました。

4シーズンの分け方をさらに細かく2分割したのではなく、独自の方法にて8つの色のグループを作り直しました。

この色の分類法により、今までの「似合う色がまたがる」「似合う似合わないが混在する」がなくなり、シンプルでわかりやすいパーソナルカラーシステムとなっております。

8分類法はブルーベースとイエローベースの色の分け方を全く同じようにわけています。
ブルーベースとイエローベースは左右対称に4つの色のグループ(合計8グループ)に分かれます。

8分類2

 

パーソナルカラー8分類 12タイプで似合う範囲は広がります

color07

12タイプとは、似合う色の組み合わせのパターンです。

パーソナルカラー8分類12タイプ法は、8分類の色のグループの中に似合う色のグループが2つ(人によっては3つ)存在します。
その組み合わせの数が12タイプであることがわかりました。
(分類法も組み合わせ理論もAura Beauty☆のオリジナルですので、他社の8分類法や12分類法とは異なります。)

 

パーソナルカラー 12タイプ

パーソナルカラーで重要なのはイエローベース/ブルーベースだけでなく、色のトーンです。
トーンで分けると大きくは6種類、それにイエローベースとブルーベースがあって12タイプとなります。
クリア濁りのないクリアな色が得意なタイプです。曖昧な濁った色は苦手。
・イエローベース:ベージュや茶色が苦手、紺や白が得意
・ブルーベース:グレーが苦手、紺、白、(黒)が得意

 

ディープ濃くて深い色、強い色が得意なタイプです。ソフトな色やパステルトーンが苦手
・イエローベース:濃い色のコーデが得意、黒や濃紺も着こなせます。
・ブルーベース:深い紫、ワイン、濃紺が得意。ディープな秋カラーも着こなせます。

 

濁りクリアな色よりも濁りのある落ち着いた色が得意。パステルトーンは安っぽい感じになり、原色な浮きます。
・イエローベース/アースタイプ:アースカラーが得意、黒を合わせたコーデが似合います。
・ブルーベース/スモーキータイプ:真っ白や黒よりグレー、紫、ニュアンスカラーが得意

 

ライト
明るいライトな色が得意。黒っぽいダークな色はお顔が濁ります。
・イエローベース:生成り、クリーム、白、ベージュが得意、黒やこげ茶は苦手
・ブルーベース:白、クリーム、ライトグレー、紺が得意、黒や濃紺が苦手

 

ミックス
薄くてクリアなパステルトーンと、深く濁った濃い色が得意。原色は浮きますが、濁りの薄い色は地味になります。顔の近くにパステルを、コーデでダークな色を
・イエローベース:クリーム、シャンパン、紺、キャメルが得意、ベージュ、黒は苦手
・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレー、紺が得意、黒は負ける

 

パステル
イエローベース、ブルーベースよりもトーンのパステルが優先するタイプ。明るい色&クリアな色が得意で、濁りも濃さも両方苦手。
・イエローベース:白、クリーム、シャンパンが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手
・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレーが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手

 

詳しいことはパーソナルカラーアナリストプロ養成コースにて勉強することが出来ます。興味のある方はどうぞ受講してみてください。パーソナルカラーアナリストプロ養成コース・詳細はこちら

Aura Beauty☆の パーソナルカラー診断のさらなる特徴

従来の、肌色、目の色、髪の色を重要とする診断法ですと、
黄味肌=イエローベース、ピンク肌=ブルーベース
となってしまい、
黄味肌のブルーベースの方や、白くピンク肌のイエローベースの方が抜け落ちてしまいます。

 

又、似合うは、「なじむ」でもなく、「白く浮く」でもありません。
なじみすぎて地味になったり野暮ったくなったりくすんで見えたり・・・。
白浮きして、不健康そうだったり寂しく見えたりキツク見えたり・・・。

それは似合っているとは言えません
似合うはその人とドレープ(洋服の色)との対比でしかありませんので、診断はドレープを使っての診断を基本としています。
(*ただし代表の芹澤は会って数秒でパーソナルカラーがわかります。)

 

パーソナルカラー8分類12タイプ法では

似合う色がまたがらない
似合うと似合わないが混在しない
似合う範囲の自由度が高い(2つ、又は3つ等)
似合うはなじむでも浮くでもなく輝く色が提案出来る

それだけではなく、さらに、

似合うの【傾向】がわかる(似合う、普通、似合わない)
似合う/似合わないだけでなく【印象】がわかる

【傾向】と【印象】に関しては、パーソナルカラーについてをお読みください。

さらにさら

化粧品(コスメ)のアドバイスがすごい
ヘアカラーのアドバイスが充実
です。
こちらは論より証拠!で数々の変身事例をご覧ください。

いかがでしょうか?新しいパーソナルカラーシステム 8分類12タイプ法のことを少しでも理解していただけたら幸いです。
このパーソナルカラーシステムをお勉強してみたい方はプロ養成コースの方をご覧ください。

心をサポートしエネルギーを与えるお色の提案

似合うお色を長い間避けていた方、自分には絶対似合わないと思い込んできた方は、すぐにファッションやメイクに取り入れにくいこともあります。今のあなたの心をサポートするようなお色や、押し上げてくれるような¥なお色の提案もしていきます。心地よい範囲であなたの波長を引き上げながら、段々とイメージチェンジしていってください。

足りない部分を補い、強みを発揮出来るお色の提案

今現在のあなたの足りない部分(例えば印象が薄い等)を補い、あなたの強み(例えば品がある等)を活かせるお色も合わせて提案いたします。新しい自分に出会う為に是非似合う色を積極的に取り入れて下さい。


 yoyaku-private1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

講座スケジュール 空き状況

お問合せ

グループレッスン ご予約はこちら

プライベートレッスン ご予約はこちら

あなたにピッタリのコースは?

私にぴったりのコースは?コースご案内&選択基準

様々なサービスメニューからあなたにぴったりのコースをお選び下さい。

プロ養成コース

オーラビューティ― ブログ~綺麗になるヒント~

変身事例
ページ上部へ戻る